ドライヤーの処分方法とは? 自治体回収・買い替え・回収業者など

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア

「異臭がする」「温風が出ない」などの不具合が起きている場合、ドライヤーの寿命が近づいている可能性があります。使いづらくなった・故障したなどの原因で要らなくなったドライヤーを、どのように処分すべきか、何ゴミになるのか悩んでいる方も多いのではないでしょうか。正しく、適切な方法で処分するためには、基礎知識をきちんと身につけておかなければなりません。そこで、本記事では、ドライヤー処分の悩みから処分方法・それぞれのメリットやデメリットについて説明します。

  1. ドライヤー処分の悩み
  2. ドライヤーの処分~自治体回収
  3. ドライヤーの処分~買い替えの場合
  4. ドライヤーの処分~リセールやオークションについて
  5. ドライヤーの処分~回収業者に頼む場合
  6. ドライヤーの処分に関してよくある質問

この記事を読むことで、ドライヤーの正しい処分方法について詳しく知ることができます。使わなくなったドライヤーを放置している方は、ぜひ参考にしてください。