不要なパソコン、どうやって処分する? 安全に廃棄するためのポイント

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

1.パソコンを処分する前に確認しておくこと

パソコンを処分する前に、いくつか確認しなければいけないことがあります。安全に処分するためにも、次のことをチェックしてください。

1-1.データのバックアップをとる

パソコンを処分する前に、しっかりとデータのバックアップを取っておきましょう。一度パソコンを手放してしまったら、内部のデータを取り戻すことはできません。外付けのハードディスクやクラウドサービスなどを利用して、大切なデータはしっかりと保存するようにしてください。

1-2.データをしっかりと消去する

データのバックアップを取ったら、処分前にパソコン内部のデータを消去してください。パソコンの内部には、クレジットカードの番号やSNSで使用しているパスワード、友人・知人の連絡先など、膨大な個人情報が詰まっています。処分したつもりのパソコンから情報が漏えいしてしまう事故も少なくありません。

1-3.フォーマットだけではデータは残っている

フォーマットしてるから大丈夫と考えている方は注意が必要です。実は、フォーマットはデータにアクセスする経路を断つだけで、データそのものを消すことはできません。そのため、特殊なツールを使用すれば簡単にアクセスできてしまうのです。データ消去専用のソフトを使用して、確実に消去するようにしましょう。

1-4.PCリサイクルマークがあるか

パソコンにPCリサイクルマークがついているかをチェックしましょう。パソコンリサイクルマークとは、資源有効利用促進法に基づくもので、メーカーが無償で回収することを示すマークです。PCリサイクルマークがついているパソコンであれば、メーカーが無償で回収してくれます。

2.どのような処分方法がある?

それでは、パソコンを処分するにはどのような方法があるのでしょうか? 代表的な方法を3つ紹介します。

2-1.メーカーに回収を依頼する

先ほど紹介したPCリサイクルマークのあるパソコンであれば、メーカーが無償で回収しています。メーカーに回収の申し込みをし、回収を希望するパソコンに郵送されてきた伝票を貼ってメーカーに送ってください。メーカーが倒産してすでに存在しない場合は、3R推進協会が回収を受け付けていますが、所定の回収再資源化料金が必要となります。

2-2.パソコンショップに買い取ってもらう

比較的新しく需要のある製品であれば、パソコンショップやリサイクルショップ等で買い取ってもらうことができます。まずは、お近くのショップに査定を申し込んでみましょう。ただし、第三者に渡るということを踏まえて、データの消去について正しい知識を持ったショップに依頼するように注意してください。不安であれば、ハードディスクは取り外しておいたほうが安全でしょう。

2-3.パソコン回収業者に依頼する

パソコンの回収を行っている業者に依頼するという方法もあります。宅配や出張などで回収を行っているので、手間をかけずに処分できるというのがメリットです。中には、回収費用から、送料・手数料まで無料というところも存在します。ただし、業者によっては悪質なところが多く、トラブルも数多く報告されているので注意してください。優良な業者をしっかりと見極めることが大切です。