ミシンの買い替えポイントを解説! 処分・買取方法もチェックしよう!

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

1.ミシンの買い替えで押さえておきたいポイント

まずは、ミシンの買い替えで押さえておきたいポイントをチェックしていきましょう。ここでは、平均寿命や買い替えの目安などについて解説します。

1-1.ミシンの平均寿命は約10年

明確な平均寿命は定かではありませんが、ミシンは約10年が買い替えの目安だといわれています。ここで押さえておきたいのは、一生ものではないということです。ミシンは元値が高いので、頻繁に買い替えるものではありません。しかし、使用頻度や使い方によっては、10年以内で故障したり不具合が起きたりすることもあります。あくまで10年は目安なのです。故障の症状が現れたら、買い替えの時期だと思っておきましょう。

1-2.ミシンの主な種類・タイプ・人気機種をチェック!

ミシンといっても、電動タイプ・電子制御タイプ・電子タイプ・コンピュータータイプなどさまざまな種類があります。主な種類とその特徴を以下にまとめたのでぜひ参考にしてください。

  • 電動ミシン:針・釜・送りの運動を内臓モーターで行う
  • 電子制御ミシン:針の上下運動を電子回路で制御する
  • 電子ミシン:針の上下運動を電子回路で制御し、速度調節も電子制御になっている
  • コンピューターミシン:針の上下運動や振り幅と縫い目の長さをコンピューターで制御する
  • コンパクトミシン:電子・コンピューター制御に関わらず、6kg程度の超軽量なミシンの総称

上記のミシンは家庭用ですが、職業用のミシンは速度が速く、耐久性が高い特徴があります。また、ミシンの中でも人気があるのは、初心者でも扱いやすいコンピューターミシンです。使用目的によって異なりますが、一般的な裁縫ならコンピューターミシンの機能で十分でしょう。

1-3.修理?それとも買い替えか?

ミシンを修理すべきか、買い替えかのどちらかで悩む際は、不具合の状態をチェックしましょう。ミシンの修理費用は、故障の内容や状態によって大きく異なります。たとえば、コンピューター・電子ミシンの場合、電子回路など基盤に原因がある場合は修理代が高くなるでしょう。購入したばかりなら修理もアリですが、使用年数が10年以上経過しているなら新しいミシンへ買い替えたほうがメリット大です。買い替えで、以前よりもミシンが使いやすくなりますよ。

1-4.買い替えたほうがいい症状はこちら!

寿命が近くなるとよくある故障が、電源スイッチを入れても動かないことです。電気が通っているはずなのに1ミリも針が上下に動かない場合は、電子回路などの基盤が故障している可能性があります。また、設定どおりに針が動かなかったり、すぐに電源が落ちたりするなどの症状も寿命が近づいている証拠です。使いづらい状況はストレスがかかるので、早めに買い替えたほうがいいでしょう。

2.ミシンの買い時は○○!

お目当てのミシンをお得に購入したい方は、安くなる時期を押さえておくべきです。一体いつがミシンの買い時なのでしょうか。

2-1.お得に購入できる時期は1~3月ごろ

ミシンがお得に購入できる時期は、1~3月ごろの新シーズン直前です。この時期は入園や入学でミシンの需要が高まるため、積極的に売りに出す店舗がたくさん出てきます。競争店舗が多ければ、顧客獲得のためライバル店より価格を値下げするのです。また、12~1月にかけては冬のボーナスを機会にミシンを購入する方が増えます。ミシンが売れやすい時期は、お買い得の時期といえるでしょう。

2-2.複数の店舗を比較しよう!

お得に購入したいなら、複数の店舗を比較することが大切です。1店舗にしぼってしまうと、販売額の相場が分からず、価格設定を高めにしている店舗で購入してしまうこともあり得ます。最低でも、3つの販売店を比較し、最も安く購入できる店舗を見つけてください。また、ネットショッピングを活用するのも方法の1つでしょう。

2-3.人気機種は初心者~中級者向け

上級者向けのミシンは高性能で価格も高くなります。一般的に、子どものために見繕ったり、趣味で使ったりすることが多いので、初心者~中級者向けのミシン機能で十分です。そのため、人気があるのは初心者や中級者向けのタイプになります。特に、JANOMEやSINGERは人気メーカーであり、オールインワンモデル・シンプルかつロングラン機種は中古市場でも圧倒的な需要がある種類です。